PCOTだより 2013年 1月

新年を迎えた2013年1月19日~20日、現地の支援者支援として「支援者の寺子屋」を開催しました

保健師、助産師、福祉課職員、子育て支援センター職員、子育て支援ボランティアや現地NPOの方、在宅被災者支援をしている「石巻健康生活復興協議会」スタッフなど、2日間で24名の方々が参加されました。

 

午前の部では
・白い紙コップをテープやシールで自由に飾ってマイカップを作り、それをネタに自己紹介
・臨床心理士の浅見さんより、人からの見え方、コミュニケーションの取り方、ネガティブな考え方をもつのは悪いことではない・・・など、気持ちを「ゆるめる」お話
・絵と文字が書かれたカードを使い、グループで自分の気持ちを話す

 

これらのワークを通じて参加者は気持ちがゆるみ、解放されたように感じたり、ほかの参加者にも親しみを感じられたようです。昼の時間はとても和やかムードになりました。 

午後の部では
浅見心理士との個別カウンセリング、マッサージ、メイクアップ、整体、足もみ、ハンドマッサージからお好きなものを受けていただきました。待ち時間には、好きなアロマを選んで、ルームスプレーづくりをしたり、お茶っこしたり・・・。
初対面同士も多かったのに皆さんすっかり仲良しになり、和気あいあいとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者のアンケートからは
・久しぶりに笑った
・日常で自分の時間がなかなかとれないので、久々のぜいたくな時間だった
・普段がまんしている部分を出せた
・心も体もゆるめることができた
・皆さんとの出会いがうれしかった
・また明日からがんばれそうです
・これからも続くとうれしいです。人とのつながりを継続させてもらえるのは力になります!
・・・などのご意見をいただきました。

柴田助産師より
現地では震災後2年目を迎えるにあたって、様々な不安を抱いたり、気持ちがざわめいたりしている声もたくさん聞かれます。そして地元の支援者たちは、ご自身も不安を抱えながら、どうしたら他の人を支えてあげられるか、を必死に模索しています。
その中で、自分のいろいろな気持ちを話せたり、ほかの人に受け止めてもらったり、リラックスする時間をもっていただくこの企画が、この時期にできて良かったと思います。
心も体もゆるめて、あらたな出会いやつながりを生む、このような機会が被災地の皆様の活力になり、また歩みをすすめる励みになれば、とてもうれしいことだなあ、と改めて思いました。


次回へつづく
衛星マップ