PCAT派遣医師だより@気仙沼市立本吉病院 その23

本吉病院PCAT派遣医師だより(2013/3/26)

3月25日に齋藤祥子医師の勤務が終了しました。
3月11日から本吉病院では入院医療が5床で再開になりました。特定の主治医を決めず、院長・副院長と齋藤医師の3人ですべての入院患者さんを診療するシステムです。外来と訪問看護を担当していた看護師さんたちに病棟業務が加わりました。
新たな試みで試行錯誤が続く中、齋藤医師は重症の患者さんの治療や転院手続きなども含め奮闘しました。勤務の後半は疲れがたまって必ずしも体調はよくなかったそうですが、最後までテキパキと頑張って勤務されました。
小児科出身の齋藤医師にとっては、「外来・往診・多種職連携についてなど様々な知識が要求されるハードルの高い」研修だったようですが、「それでもじっくり見守って、指導してくれた先生と看護師に感謝しています。もっと自分のスキルを上げて、また本吉病院に来たいです」との感想を最後に頂きました。
次の勤務先では、家庭医療後期研修が始まります。本吉病院で一足先に研修した家庭医療の世界で、今後の大きな飛躍を期待しています。

    齋藤祥子医師・看護師さんたちとナースステーションの様子           病棟の廊下

齋藤祥子医師・看護師さんたちとナースステーションの様子             病棟の廊下 衛星マップ